こんにちは。投稿は月・水・金曜日。クリックすれば、全作一覧表が。
コメント

    キンジーの周りの Made in Japan 2 – Pilot –

    文具店のペン売り場T is for Trespass
    文具店のペン売り場。

    2.年が新しくなった。ようやくエンジンがかかった日、キンジーは去年の案件ファイルを箱にしまい、机周りの整理をして、やる気満々、必要備品を買い揃えに出かけた。ファイルやホールダー、ポスト・イットなど色々。その一つが Pilot の細字ボールペン、キンジーのお気に入り。

    ペン立ての中のパイロットのペン。

    パイロットのペン。Andreas LischkaによるPixabayからの画像。

    一瞬、「何だ、Pilotって日本のあのパイロット?アメリカ企業だったんだ」と思い、これでは牧師の奥さんと同じ轍を踏んでいるではないか、と苦笑した。ちょっと待て、と念のために調べてみると、(ほっ)、パイロットはれっきとした大正時代創業の純日本企業。アメリカではパイロットのボールペンが国中で売られているのだ。品質いいからね。

    ビック 油性ボールペン オレンジ 1.0 青 20本 E-ORMJ20EGBLU

    ビック・ボールペン。https://m.media-amazon.com/images/I/61gYDroPfCL._AC_UL480_FMwebp_QL65_.jpg

    (私がアメリカで勉強していたころに愛用していたのは、大学売店に並んでいたビック Bic のボールペン。濃い黄色のペン、太字でとても使い易かった。これも実はアメリカ製ではない。フランス製。このペンは在庫がなくなり次第、廃番となる、とか。)

    消せるボールペンのラインアップ。

    消せるボールペン、フリクション。https://www.frixion.jp/img/index_lineup_image.jpg。

    それにこのところ、パイロットはヨーロッパでの高い需要に応えて、消せるボールペンを完成。売れ行き好調右肩上がり。この新製品開発には新しい技術が採り入れられた。インクが乾いてからペン先の反対側のラバーで擦ると、その摩擦で生じた熱で(60度から消え始め65度で完全に)、インクが消える。

    そうです。イイもの、優れたものは、国境を越えて「世界の製品」となるのです。

    【送料無料・ゆうパケット便】◎みまつ キッチン鋏リムーブ (取り外しタイプ) 205mm ≪燕三条・日本製≫キッチンハサミ・キッチンばさみ・キッチン鋏 7-0550-0401_ES

    キッチン鋏。https://tshop.r10s.jp/cranes/cabinet/hocho/mimatu_71.jpg?fitin=275:275。

    鋏、包丁、鉋(かんな)、染め、織り、鉄器、管楽器のリード、車、そして日常的な文房具のボールペンに至るまで、日本人はとことん高品質を追求してすごいものを完成させてきた。世界中から引き合いがある、世界一を誇る製品がそこら中にごろごろある。すべて「世界(が享受する)製品」。

    ホーム・バーに並ぶウィスキーの瓶。

    プライベート・バー。André Menegatti detonartによるPixabayからの画像。

    10年ほど前に見ていたアメリカのテレビ・ドラマ(確か、The Mentalist)で、主人公が金持ちの男の家でウィスキーを勧められるシーンがあった。

    グラスにウィスキーを注ぐ。

    飲んでみてくれ。

    うまいだろう?どこの国のだと思う?いやそれがスコッチじゃないんだ、日本製なんだ。日本人には良いものを作ろうというDNAがあって、こういうものを作ってしまうんだね。とその男は日本のウィスキーを褒めちぎる。

    日本のウィスキーが並ぶ。

    日本製ウィスキー。holdosiによるPixabayからの画像 。

    日本人はとことん仕事をする。それが何であれ、誰かが熱意を注ぎ込む。ああ、胸を張って誇れるいい国だ。仕事に真摯である日本の心、すばらしい。私たちにもそのDNAが受け継がれている、すばらしい。

    文具店のペン売り場

    文具店のペン売り場。

    キンジーが文房具を買った店、これからはあの黄色いビックのボールペンが姿を消し、パイロットの消せるボールペンが増えるんだろう。アメリカという国は品質第一。少なくともボールペンに関する限り、どこの国のものでも、Welcome、世界の良品を積極使用する先進国なのだ。乾杯。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました