こんにちは。投稿は月・水・金曜日。クリックすれば、全作一覧表が。
コメント

    ご挨拶

    未翻訳の本が入った書棚その他
    S is for Silence

    初めまして。「キンジーの時間」へようこそ。いずれ完成すれば、スー・グラフトンの「アルファベット・シリーズ」全巻と関連図書のコレクション(本棚2段で収まる予定)の管理人、小澤、です。このコレクション、とりあえず、「キンジー文庫」とでも呼びましょうか。

    『アリバイのA』を区立図書館の書棚で見つけたのはかれこれ30年ほど前。その頃小学生だった子供達が思春期を通り抜ける頃までの間、私はスー・グラフトンのアルファベット・シリーズを読み続けました。

    子供が成長する忙しい時期、推理小説は現実に距離をおいて、潰れかける個の軌道を修正するための最適ツールでした。深夜の居間で、やめられずに読み続けたその胸躍る時間は、忙しいけれど求めればどうにか手に入る、自分一人だけの貴重な時間だったのです。そこでパトリシア・コーンウェル、ミネット・ウォルターズ、ディック・フランシス、なども併せて読みました。

    夜の居間、ウィスキーを飲みながら読書

    飲むのも忘れ読み耽る

    女性探偵のシリーズ物が他にもある中でアルファベット・シリーズを読み続けたのは、主人公キンジーの生活のシンプルなリズムが大変心地よかったからです。彼女の感性や在り方がとても好ましかったからです。彼女を取り巻く環境の核となるのが大家のヘンリーですが、キンジーと彼との信頼関係も魅力的でした。彼はまた大切なものだけを残した豊かな老後を、30年以上も前に見せてくれたのです。そして、その平和の対極に位置する犯罪が、グラフトン特有の簡明直截な筆致で、キンジーを絡め取って極めて残忍にどす黒く描かれる、そのバランス・対比の妙に強く惹かれたからでもあります。

    窓越しにたくさんの本が見える本屋の外観

    Bookstore by Tuur Tisseghem

    その多忙な時期を経て、自分の時間を潤沢に持てるようになってしばらくした2年ほど前のある日、たまたま書店でペーパーバックの Y is for Yesterday を見つけ、キンジーを懐かしく思い出しました。このシリーズは『ロマンスのR』まで、書棚にあるだけ全部、を読んだはずなのに、なぜ途中で読まなくなってしまったのか?そう思って調べると答えはすぐにわかりました。翻訳が『R』で終わっていたからなのです。どうしてなのでしょうか?かつてこのシリーズが並んでいた図書館の棚に、もはや彼女の作品は1冊もありません。それでも、オリジナルはYまで発行されている。それでは、選択肢は一つしかないではありませんか。SからYまでオリジナルで読みました。電子辞書を横に置いて。

    未翻訳本7冊と辞書を用意、記事作成開始!

    T is for Trespass、作業中

    私の第二の「キンジーの時間」の始まりです。最初の S is for Silence から最後の Y is for Yesterday まで全7冊。読み終えるのに4カ月ほどかかりましたか。すると『A』から『R』も読みたくなりました。改めて『アリバイのA』 から始めましたが、登場人物はぼんやり覚えていても、展開はおろか結末すらすっかり忘れていたり、読み始めても最後まで内容を全く思い出さなかったり、数百ページの物語の中のある数行だけをしっかり覚えていたり、と記憶の不思議に驚きを覚えながら、初めて読む時と遜色のない新鮮な楽しみを味わいました。

    これからしばらくは、未翻訳の7冊に描かれる事件の超・簡単な展開、ネタバレを避けながら、どのような事件であるか、キンジーがその事件で見せる魅力、などをご紹介していきます。それからは既翻訳18巻を、同様に1巻ずつ、再読しながら感じたことや発見したこと、などについて書きます。全巻について書き終わる頃までに、

    1. 「キンジーの年譜」や
    2. 「全事件一覧表」、また
    3. 「サンタ・テレサの地図」、さらに
    4. 「キンジーのスタジオ・アパートメント平面図」、そして
    5. 「(私の)登場人物人気投票上位10人」なども完成させられたらよいのですが。

    グラフトンの読者やキンジーに共感する皆さんとキンジーの世界を共有する、26件の事件を経験しながら成長するキンジーの魅力について語り合う、このブログはそれを目的としています。ブログへのご意見、アルファベット・シリーズの本の感想、などありましたらお寄せください。ネット上で共有できたら望外の喜びです。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました