死んだホームレスの老人は、キンジーの父親の従弟。彼が無実であることを子どもたちが信じなかった謎を突き止めようとします。

T is for Trespass

T is for Trespass

ソラナの見たキンジー

ガスが帰宅し、ソラナが働き始める。早速ガスを訪ねると、ドアを開けたソラナはキンジーに恐怖を感じ、必死に動揺を隠す。キンジーは狼と毒蜘蛛のタランチュラを連想させるのだ。招き入れられた居間にはゴミもガラクタも埃もない。とてもきれい、キンジーは思わず歓声を上げる。
T is for Trespass

おひとり様ガス

ガスのような独居老人には孤死と認知症発症の恐れがある。彼らを守るのは、生活基盤の外部支援と、自らの意思で選択する「自分を幸せにする活動」の開始。その活動には多数の人との交流も繰り入れる。プラスのスパイラルも始まり、あすを楽しみにする「生きる力」が得られる。
T is for Trespass

ソラナの生い立ち

子だくさんの家庭では、子供たちが自分たちだけの社会を形成する。8人の兄・姉を持つ「ソラナ」は、その独自の社会で、末っ子ということで何でも許されて育つ。その自由の中で覚えたことは、人を繰る術。そして、気に入った友人をじっと観察し、その子として生きる一人遊び。
T is for Trespass

キンジーの嗅覚

老人介護施設にガスを見舞った夕方、そこには夕食の匂い。キンジーが好きな料理ではない。そして、人生最終章にまずいものを食べなくてはならないのなら、今は我慢せずに好きなものを食べたい、と思う。食の偏好は変更が極めて困難。でも、今こそ挫折しているが、健康志向の芽生えは確かにあるのだ。
T is for Trespass

隣人ガス

ヘンリーの隣人ガスは独居老人。ご多聞に漏れず「捨てる」作業ができず、ゴミの中に住む。いい加減なものを食べ、非常に不健康。「立つ鳥跡を濁さず」を実践しよう。まずは不要なモノの処理。ソラナのように潔く捨てよう。取っておくのは思い出だけ。子供に残すのは財産だけ。
T is for Trespass

キンジー vs ソラナ

看護師ソラナに成りすました女が、ガスの家に入り、彼の財産を盗み始める。キンジーとヘンリーは発端から違和感を覚えるが、ソラナの狡知に圧倒・翻弄されるだけ。エスカレートするソラナの強欲さに、キンジーの正義感が燃え上がる。キンジーは憤然と闘いに挑み、勝つ。
T is for Trespass

WHODUNIT (< Who Done It=殺ったのは誰だ)?

Sの次のなるT、はこれまでの事件とはまったく異なる。最初から読者は誰が犯人であるかを知っている。犯人は弱者の家に入り込み、じわじわと財産を盗み始める。そうと知らないキンジーも、重なる違和感が危険信号を灯したとき、悪事は許さない、と決然と立ち上がる。
タイトルとURLをコピーしました